FC2ブログ

最近は男性にも人気の最新IPL光脱毛器

未分類
10 /04 2019
自宅で好きな時間にできるので、脱毛エステサロンに通うより手軽で安い家庭用脱毛器がめっちゃ売れています。

家庭用脱毛器ではケノンやヤーマンなどが有名ですが、6~7万円もします。それでも脱毛サロンに通うよりはかなり安くできるのですが、最近は高性能で激安な脱毛器も販売されるようになりました。

Richesse9の脱毛器ですがかなり高性能にもかかわらずかなり安いです。

最近は男性にも人気とか。顔の髭や腕毛、すね毛などを嫌う方も増えてきたのでしょう。
お顔や美肌にも使えるこの脱毛器は優れものです。

もう脱毛エステの高い料金を払う気にならなくなると思います。一度お試しあれ!



スポンサーサイト



Xiaomiの最新スマートウォッチAmazfit Verge 日本バージョンのレビュー動画

未分類
09 /23 2019
スマートウォッチの進化が止まらない。
機能も増えてますます安くなってきました。
価格や機能、使いやすさで世界的にシェアを伸ばしているXiaomiの最新スマートウォッチAmazfit Vergeの使い方の紹介動画です。


チャンネル登録もお願いします。
チャンネル登録していただいた方はこのブログにメッセージいただければ、チャンネル登録いたします。

撮影機材が無くてスマホで撮影しました。


大量のどじょうでマフィンとフライドどじょうを作って食べてみたら想像以上に美味しかった

未分類
03 /04 2019
どじょうのファーストフードを作って食べた結果 めっちゃ美味しい
【今回のメニュー】 ・どじょうのエッグマフィン ・フライドどじょう 以上、2品を作って食べてみました。 どじょうと言えばTOMIKKU NETのトミックさんのお得意の料理ですね。 今回はトミックさんとは違った料理のハンバーガーとフライドどじょうを作ってみました。 チャンネル登録お願いします。

幼虫を食べたらその味にビックリ ミルワーム

未分類
02 /22 2019



ゴミムシダマシの幼虫、ミルワームを料理して食べた結果

想像以上に美味しい・・・

料理もあった

【今回のメニュー】

・ミルワームの佃煮の出汁茶漬け

・ミルワームもち

・ミルワーム酒

・ミルワームソフトクリーム

以上、4品を作って食べてみました。


幼虫を食べたらその味にビックリ ミルワーム


単純にゲテモノ食いとして勘違いする人がいますが、食育テーマとしても今注目の昆虫食です。

国連は、世界34カ国で紛争、水不足、洪水、その他の原因により人々に十分な食料が行き渡っていないと発表しております。

日本は海に囲まれ、豊かな緑や川、雨にも恵まれていますが、そんな日本でも食糧自給率は38%で、輸出国で天災などが起これば一瞬にして食糧危機が訪れる可能性があります。

国際連合食糧農業機関(FAO)が2013年、食糧問題の解決策のひとつとして、昆虫を食用としたり、家畜の飼料にしたりすることを推奨する報告書を公表したことがきっかけで、今や世界中で昆虫食が注目されています。

ブタや牛の二次生産の効率(餌を食べて栄養素になる効率)は1~3%、魚類は10%です。

それらと比べて昆虫は平均40%と、とてつもなく高い数字の上、昆虫は良質なたんぱく源として認知されつつあります。

しかし、そんな優秀な昆虫食も美味しくなければ、そしてその知識が広く知れ渡らなければ、卓上の理論止まりとなってしまいます。

日本でもイナゴや蜂の子などを食べる地域もありますが、まだ注目されていない食べられる昆虫は果たして美味しいのか?そんな検証を行った動画となっております。

コオロギを食べてみたら想像以上の味だった

未分類
02 /12 2019


コオロギのフルコースを作って食べた結果

【今回のメニュー】
・コオロギの素揚げ
・コオロギのチーズフォンデュ
・コオロギサラダ
・コオロギスープ
以上、4品を作って食べてみました。

#コオロギ
#アウトドア
#料理
#キャンプ
#バーベキュー

コオロギを食べてみた

単純にゲテモノ食いとして勘違いする人がいますが、食育テーマとしても今注目の昆虫食の説明を追記します。

国連は、世界34カ国で紛争、水不足、洪水、その他の原因により人々に十分な食料が行き渡っていないと発表しております。

日本は海に囲まれ、豊かな緑や川、雨にも恵まれていますが、そんな日本でも食糧自給率は38%で、輸入国で天災などが起これば一瞬にして食糧危機が訪れる可能性があります。

国際連合食糧農業機関(FAO)は2013年、食糧問題の解決策のひとつとして、昆虫を食用としたり、家畜の飼料にしたりすることを推奨する報告書を公表したことがきっかけで、今や世界中で昆虫食が注目されています。

ブタや牛の二次生産の効率(餌を食べて栄養素になる効率)は1~3%、魚類は10%に比べて昆虫は平均40%と、とてつもなく高い数字の上、昆虫は良質なたんぱく源として認知されつつあります。

しかし、そんな優秀な昆虫食も美味しくなければ、そしてその知識が知られなければ広まる事が出来ずに、卓上の理論止まりとなってしまいます。

日本でもイナゴや蜂の子などを食べる地域もありますが、まだ注目されていない食べられる昆虫は果たして美味しいのか?そんな検証を行った動画となっております。

tonosiidouga100

アウトドアークッキングや面白ネタ動画の紹介